扶養には二つのパターンがある


月いくらまでの稼ぎなら扶養のメリットがある?


扶養のポイント

扶養内で働くには?

フリーランスで働く人はとても気になるワードですが、これは間違っています。

税金をおさえるために扶養内で働くには?

これが正しい言い方です。

今日は『扶養内』で月いくらまで稼ぎ、税金をおさえられるかを説明します。

フリーランスのわかりにくい扶養|とことん説明します!

二人の登場人物

税金にはたくさんの条件があり、複雑です。今回は二人の夫婦にスポットをあてて説明します。

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

夫:ショータ(会社員)年間収入400万円。

妻:ミサキ(フリーランス)年間収入100万円。

扶養内で働く『2つのパターン』

扶養内で働くには「月いくら」までならOK?フリーランス編

扶養内で働き税金を安くするには『2つのパターン』があります。ショータ・ミサキの扶養事情とともにご覧ください。

①税法上の扶養 (配偶者控除)

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

ミサキさんの所得金額によって、ショータさんの所得税・住民税が変わります

>>所得税
『個人の所得にかかる税金』

>>住民税
『地域社会の費用を分担する税金』。市町村民税・道府県民税 (+特別税)の総称。

フリーランスが知っておきたい「税金の種類」とは?

もう一度言います。ミサキ自身さんではなく、ショータさんの税金が変わります

配偶者控除

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

フリーランスの所得は『事業所得』です。

妻であるミサキさんの年間所得が 48万円以下であれば、夫のショータさんは配偶者控除が受けられます。

控除』とは『納税額を減らせる金額』のことです。つまりミサキさん次第で、ショータさんの税金が安くなります。

配偶者控除の計算方法

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

フリーランスには税額を減らせる『青色申告特別控除』が適用されます。

年間所得 (年間収入 − 経費) − 青色申告特別控除 55万円(最高額) ≦ 48万円

つまり

年間所得 (年間収入 − 経費)≦ 103万円 (48万円 + 55万円)

1年間の所得が 103万円以下なら配偶者控除が受けられます

これがひとつめの『103万円の壁』です。

月いくらまでなら配偶者控除受けられる?

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

103万円 ÷ 12ヶ月 = 8.5833万円

1ヶ月の所得でいうと 8万5,833円以下ならOKです。

例:ミサキさん。年間収入 100万円。経費 10万円のパソコン。

(100万円 – 10万円) ÷ 12ヶ月 = 7.5万円

ミサキさんは 1ヶ月の所得が 7万5,000円。これは8万5,833円を以下なので配偶者控除が認められます。

8万5,833円以下なら配偶者控除が受けられます。

所得が年間103万円を越えたらどうなる?

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

ミサキさんに所得税がかかってきます。※住民税は超えても超えなくてもかかります。

所得税の計算方法

( 1年間の合計所得 – 扶養控除を含む所得控除) × 税率

フリーランスの『税金』|シミュレーションしてみよう!

税法上の扶養|ポイント

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

所得が年間103万円を超えないよう、経費も見つめ直しましょう

こんなにもあるフリーランスの『経費』!種類(項目)の一覧まとめ

所得税を払う払わないにかかわらず、確定申告はやってください。先ほど計算方法で登場したフリーランス最大の恩恵である『青色申告特別控除』が受けられなくなります。

フリーランスの税金控除|うまく使って節税対策!

②社会保険上の扶養 (社会保険料を自分で払うかどうか)

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

ミサキさんの収入が130万円以上になると、ミサキさんは扶養から外れます

扶養から外れると、ミサキさんは社会保険料(国民年金と国民健康保険)を自分で払う必要がでてきます。

社会保険料

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

社会保険上の扶養範囲は130万円がボーダーになります。

これがふたつめ『130万円の壁』です。

フリーランスの場合、ここで注意してほしいのが、

・経費を引く前の『年収』が130万円未満なのか

・経費を引いた『所得』が130万円未満なのか

ショータさんの加入している会社の健康保険によります。確認が必要です。

月いくらまでなら扶養内で働ける?

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

130万円 ÷ 12ヶ月 = 10.8333万円

1ヶ月でいうと 10万8,333円を下回ればOKです。

例:ミサキさん。年間収入 100万円。経費 10万円のパソコン。

収入ベース』で計算

100万円 ÷ 12ヶ月 = 8.3333万円

所得ベース』で計算

(100万円 – 10万円) ÷ 12ヶ月 = 7.5万円

どちらの計算でも10万8,333円を下回っているので、ミサキさんは扶養内で働けます。

10万8,333円以下なら配偶者控除が受けられます。

収入が年間130万円以上になるとどうなる?

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

扶養が外れることが大きなデメリットになります。

・国民年金保険料が年間約 19.8万円

・国民健康保険料は年間約 2〜3万円(年収が130万円を少し超え、所得は32万円と仮定)

ミサキさんは年間約 22万円の社会保険を自分で払うことになります。これは大きな痛手です。

社会保険上の扶養|ポイント

扶養内で働くには『月いくら』までならOK?フリーランス編

『収入ベース』ならば月収をコントロール

『所得ベース』であれば青色申告特別控除や経費でコントロールして、できるだけ130万円を超えないようにしましょう。

おわりに

フリーランスとして扶養内で働くかどうかは、収入によって変わります。

税金はむずかしく、誰もが考えたくないこと。ですが働いてお金を稼ぐには逃げられない必須項目です。

フリーランスの税金|いつ・どこで・だれが払う?

ここで説明した収入程度であれば最低限の知識は持っておきましょう。

こういった知識の相談を含め、確定申告を税理士に頼むと3万円以上かかります。(一番の痛手になります…)

関連記事

フリーランスにおすすめ!とにかくわかりやすい税金の本

カテゴリー: フリーランス

二寺(にじ)

バイト→海外移住→正社員→独立。新しいコトには何にでも(とくに投資)興味を持つが、冷めやすいのが難点。夢はない。