新卒のみなさん。

就活の面接は初めてだという方がほとんどですよね。

アルバイトの面接とは違い、十分に準備したいところです。

対策に困っている方のために、質問の例やポイントなどを解説します。

逆質問する理由


逆質問よい例


逆質問わるい例

なぜ逆質問するの?

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

面接の終わりにはかならずと言って逆質問されます。

では面接官はなぜ逆質問するのでしょうか?

大きく3つあります。

1. 知りたいことを解消するため

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

面接は終わりましたが、あなたの知りたいこと聞きたいことは残っていませんか?

新卒の方は希望で満ちあふれています。

ですが、まだ社会に慣れていない方も多いので、不安な面もあるでしょう。

面接でわからなかったこと知りたいことなど、聞いてみましょう。

企業としても、なるべく会社のことを良く思っている人に入社してもらいたいはずです。

そして最近は社員の転職が多いことから、会社にとって最も避けたいのは早期退職です。

せっかく入社してもらったのに、会社と合わずに即退職されてしまっては悲しいものです。

ですから就職希望者からの質問に答え、自社のことをより知ってもらい、不安や心配なく入社できるよう心がけているのです。

逆質問はあなたにとっても企業側にとってもメリットがあると言えますね。

2. あなたのやる気を見るため

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

面接では担当である面接官からの一方的な質問でしたが、逆質問はあなたのターンです。

就職希望者に質問させることによって、意欲があるかを見極めています。

一般的に学生は複数企業に応募していることから、入社意欲を知ることは企業側にとって大きなテーマとなるのです。

企業のホームページやSNSを調べれば、おおまかな情報は取得できます。

しかし、絶対ここで働きたい。

この会社で自分を試してみたい。

入社を強く願っている人ほど、逆質問の力が入ると言えるでしょう。

ありきたりな逆質問ではなく、ちゃんと自分の思いを伝えましょう。

3. あなたのコミュニケーションスキルを測るため

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

あなたは新卒です。

経験がないのは面接官は十分にわかっています。

ここでは、あなたに基本的なコミュニケーションスキルやモラルがあるかを見極めています。

そしてどんな逆質問があるか、「積極性」「思考力」「質問力」を見ています。

ここであなたが頑張ってコミュニケーションを取ろうとすれば、面接官は好印象を抱くでしょう。

ですので「特になし」「沈黙」は避けてください。

ここであなたがどのように発言するかは自由です。

インターネットや本を使って予習してもOK。

あなたなりの逆質問に仕上がるように考えてみましょう。


新卒への逆質問
良い例

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

先ほども申し上げた通り、逆質問はするようにしましょう。

ここもアピールできる大切な時間です。

つまづいて後悔がないよう、下記の例を参考にしてください。

1. 会社に関して

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

・この仕事の最大の魅力は何でしょうか?

・やりがいを感じる瞬間はどんなときでしょうか?

・御社の強みやこだわりを教えてください。

・10年後の未来のビジョンを教えてください。

2. 社員に関して

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

・社員に求めることや、こうなって欲しいといったことはございますでしょうか?

・働くにあたって、必要なスキルや知識などございますでしょうか?

・評価制度はどのような基準になっていますでしょうか?

・新入社員と一緒に仕事をする上で、大変だった経験などを教えてください。

・御社で新卒の社員がつまづいたり困るような場面はどんなときでしょうか?

・休日では仕事仲間で集まったりすることはありますでしょうか?

3. あなた自身に関して

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

・入社までに勉強や知っておくことがあれば教えてください。

・新入社員と一緒に仕事をする上で大変だった経験などはございますでしょうか?

・研修や試用期間はございますでしょうか?

・私は話すことが好きです。コミュニケーションを活かしたポジションなどはありますでしょうか?


新卒への逆質問
悪い例

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

ここで悪い例も挙げておきます。

逆面接で、悪い印象だけは与えてはいけません。

注意しましょう。

1. 短い、長い

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

「スキルは必要ですか?」

「私は新卒です。何も経験がないことから、現在いろいろなことを勉強中でございます。御社で働くことは私にとってもメリットだと感じており、入社後はたくさんの経験をさせて頂きたいのですが私にとってどんなスキルが必要でしょうか?また社員に求めることなどありましたら、ぜひ教えてください。」

この2つの質問は結局何を聞きたいかがわかりません。

短くても長くてもNGです。

ちょうどいい長さで簡潔な逆質問にまとめましょう。

「企業理念は何ですか?」

短い上に、誰でも調べたらわかりそうな逆質問も避けましょう。

2. わがままな質問

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

「御社は社員のスキルを伸ばす環境など整っているでしょうか?」

「1ヶ月に残業はどれだけありますか?」

前者は会社に依存タイプ。後者は嫌なことしないタイプ。

どちらも面接官にはネガティブに感じられるでしょう。

立場をわきまえることはビジネスマンとして大切なことです。

大人として一歩引いてお話をしてください。

3. 特になし

新卒での面接|逆質問のよい例・わるい例を知っておこう!

「特にありません。」

せっかくのあなたの時間を無駄にしてはいけません。

面接官にとっても大事な逆質問の時間なので、何か1つでもいいので発言しましょう。

本当に何も伝えることがないのであれば、下記のNG例「特にありません」を参考にしてください。

言い方を変えれば、まだ救われます。


新卒への逆質問
まとめ

あなたにとっても面接官(企業側)にとっても逆質問はいいことなのです。

新卒だからと言って、控えめになる必要もありません。

聞きたいことは堂々と聞きましょう。

緊張する人も多いと思います。後悔だけはしないようにしましょう。

面接前にどんな逆質問をしようか。さまざまなパターンを何通りか持っておきましょう。