進化し続けるキャリア環境

雇用主があなたに何を求めているのかを把握するのは難しいでしょう。

就活をするにあたり、うまくいく人は何をやっているのでしょうか?

あなたを魅力的に見せるには、どのようなことに注目すべきなのでしょうか。

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

新卒の人はこれからたくさんの経験をすることになります。

転職の人は自分の経験に加えて、あたらしいスキルも身につけておくべきです。

履歴書だけでなく、なるべくプロフェッショナルにあなた自身も表現しましょう。

今からご紹介することを知っておくだけで、就活がうまくいく確率はあがります。

就活でうまくいく人
『あなたらしさ』

あなたらしさとは何ですか?

自分を少し考えてみましょう。

人気がある企業では、多くの候補者に埋もれてしまいがちです。

あなたらしさを持っていることで、採用担当者に目をつけてもらいましょう。

1. ブランディング

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

良い資格を持っている候補者が企業に応募したが、オンラインでのイメージを無視したために不採用になった例もあります。

多くの雇用主は、面接する前に候補者を『グーグル』や『SNS』で検索します。

【就活】採用担当者があなたのSNSから知りたい本当のこと

ここでパーソナルブランドが重要になってきます。

あなたが検索されたとき、あなたが強力なパーソナルブランドを持っていれば、自分を評価してほしいものが自然と伝わります。

あなたが主導権を握ることで、企業があなたのイメージを自動的に認識するのです。

日頃からオンラインであなたのストーリーを作ったり、専門知識や権威を高めてください。

自分のブランドに対する明確なビジョンを描けば、自分の独自性が磨かれ、第3者は『あなたらしさ』が見えてくるでしょう。

2. 謙虚さ

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

採用担当者は、候補者が謙虚であって欲しいと願っています。

謙虚はビジネスにとって大事なことです。

年齢が若いうちは熱意から感情的になってしまいがちです。

ですが、人一倍素早く謙虚を身につけることは成功のカギだと思ってください。

『仕事できる人』の特徴・考え方・働き方とは?

大手の企業経営者の方は存在感が薄いと言われます。

いつも聞き手に回って、相手のことをつねに尊重しているからです。

飲み会でも大声を出して、ずっと話し続けている人はインパクトがありその場の中心になります。

そのひとときでは人気者です。

経営者はその逆で、周りに気を使い静かに周りを見守っています。

他者への配慮を最優先することは、他者との関係を良好にすることにつながります。

これを見習って『聞く耳』や『気遣い』を持っておけばビジネスの階段を早く駆けあがれることでしょう。

3. 熱意

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

これは先ほどの謙虚とは反対です。

企業は、純粋に当社で働きたいと思っているかどうかを確認したいものです。

ただスキルや経験があるだけの候補者ではなく、なぜこの仕事をしたいのかを示してくれる人を採用したいのです。

エントリーや面接では自分が何者であるか、何に関心があるのかをぶつけてみましょう。

転職面接での自己紹介例文|正しくあなたをアピールしよう!

採用担当者はあなたの情熱を知り、何に興奮しているのか、さらには将来どのようになりたいのかを思い描くことができます。

失敗を恐れてはいけません。

失敗しても、そこから学ぶ姿勢を持っていてほしいと企業は思っているものです。

就活でうまくいく人
『コンテンツ』

ここではやっておいた方がいいコンテンツをご紹介します。

コンテンツを使って自分をうまく宣伝している人は、採用者の目にも止まりやすくなります。

3. SNS

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

自分のビジネス業界に適したSNSプラットフォームを選びましょう。

SNS別で解説!就活中プロフィール・投稿で気をつけておくこと一覧

フェイスブックのビジネスページやインスタグラム、ツイッターを持つことが最適ではないでしょうか。

SNSは自分を表現できる絶好の場です。

あなたのやりたい仕事が視覚的に表現することならば、インスタグラムは素晴らしいプラットフォームとなるでしょう。

文章が好きならツイッターですね。

採用前に見られるかも知れない『あなたのSNS』を整理しておくこともおすすめします。

他にもTikTokやピンタレストなど多くのSNSがありますが、就活でSNSをうまく使うにはコツがあります。

こちらを参考にしてください。

就活中の『SNSプロフィール・投稿』あなたがやるべき7つのこと

逆にやってはいけないこともあります。

就活中の『SNSプロフィール・投稿』やってはいけない7つのこと

4. ウェブサイト

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

自分のウェブサイトを持つことは、自分のブランドを確立するための素晴らしい方法です。

ブログを始めることで、自分が興味を持っていることや知っていることを書き、自分の知見をアピールできます。

信頼性を高め、あなたをその分野の専門家として位置づけることができます。

初心者はアメブロやnoteがおすすめですが、ワードプレスからサイト構築できればなお良しです。

SEOを学べるからです。

ウェブサイト『バックエンド』の仕組みを理解し、自分のブランドが発信するコンテンツを最適化する方法を知っている候補者はなかなかいません。

見てもらうためだけではなく、広告コンテンツなどトラフィックをサイトに引き寄せるためにもSEOはとても重要です。

SNSと相互に連携したり、履歴書に掲載することもできます。

ウェブサイトは就活に最適な方法です。

就活でうまくいく人
スキル』

ここからはスキルです。資格がすべてであった時代は終わります。

これからは『今のあなた』に『何ができるか』です。

5. デジタルマーケティング

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

企業は、デジタルマーケティング(とくにSNSマーケティング)に精通する候補者を雇いたいと考えています。

デジタル時代のトレンドを把握していることが望まれます。

今後のビジネスマーケティングにデジタルはかかせません。

業界・業種関係なく適応しなければ確実に取り残されてしまいます。

デジタルマーケティング【10のこと】まだSNSだけやってる?

6. 写真・動画編集

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 
  • Adobe Photoshop
  • DaVinci Resolve
  • Final Cut Pro
  • VSCO

写真や動画の編集ができることは、採用される企業にとっては大きなスキルです。

それだけでなく、あなたの今後の人生にもかけがえのないものになります。

デジタルの時代ではあらゆるものがより視覚的になり、特に動画に重点が置かれるようになりました。

コンテンツをいかにしてわかりやすく魅力的なものにするかを理解していること。

これはどんな仕事にとっても重要なスキルのひとつです。

7. プログラミング

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

IoTの普及などにより、今後ますます IT技術のニーズは高まっていきます。

そのため、プログラミングの知識を持っている人は超高齢化社会である今後の日本で有利になります。

プログラミングを独学で勉強するのは大変です。

Youtubeなどの無料コンテンツを使って無料で勉強できますが、モノにした人はごくわずかでしょう。

それだけむずかしく、希少なスキルだということです。

プログラミングは子供の学習にも流行っているぐらいなので、次世代の若年層は多くの人がこの知識を持っていることになります。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Python
  • Ruby など

さまざまな言語が普及していて、プログラミングはむずかしく感じるかもしれません。

ですが未来の自分投資にこれだけ役立つスキルも多くはないでしょう。

転職を考えているわたしの友達もプログラミングを勉強しています。

まとめ

就活でうまくいく人がやっていること『8選』 

今はコロナのこともあり、就職に影響が出ている人が多くいらっしゃいます。

ですが現在の日本は高度経済成長期のように、働く人が足りないといった状況ではありません。

私たち自身ができることを増やし、それをアピールしていく時代です。

それには今やるべきこと、やっておいた方がいいことを知っておくべきです。

ここでご紹介した『やっておくこと』は今に活きるものばかりです。

採用に向けて、十分に備えておきましょう。

関連記事

就活・仕事探しにインスタグラムを活用『8つの方法』

カテゴリー: 仕事探し